関係性のパターン:物理在庫管理パターン

在庫管理というと業務システム的ですが「物品をリストアップし更新する」という素朴な人間の活動に対するアイデアを指します。

この素朴なアイデアを実行するには物理在庫をコンピュータで扱えるデータにする必要があります。また、一度扱えるようにした後も、物理在庫の状態が変わった際にはコンピュータの論理在庫に反映する必要もあります。この同期が結構大変なので課題となることも多いかもしれません。

コンピュータで扱えるようにする部分は物品オブジェクトの新規作成アクションが担当しますし、新規作成を一括もしくは楽に行う手段としてインポート、スキャンといったバリエーションを検討することもあるでしょう。

いずれにしてもその目的に対して釣り合うような苦労でなければすぐに立ち行かなくなるかもしれません。それが業務であろうとなかろうと、物理在庫と論理在庫が正しく同期されているかを確認する必要がある場合は「棚卸し」という行為が発生します。

物品オブジェクトの登録時にインポートやスキャンのアクションを検討したり、運用時には物理在庫の状態をプロパティとして更新することが必要
The Art of User-Interface Design